有限会社ひまわり

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

093-922-6438

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

有限会社ひまわり

まずはお気軽にお問い合わせください

093-922-6438

NPO法人ひまわり 暮らしの基金ブログ

ご報告

2010.12.23

久しぶりに、「ひよっこ事務局長の成長日記」をはじめから全て読み返しました。


平成21年10月、「不動産競売の債務者の支援団体を作りたい」という
かつてからの夢を乗せて準備委員会は発足しました。
ちょうど去年の今頃、貸金業務取扱主任者の勉強を頑張っていたんだ!なんて、
振り返ると昨日のように思い出します。

 

一年と2ケ月。
貸金業務取扱主任者の試験、NPO法人の認可、そして貸金業登録など、
改正貸金業法の完全施行に伴う変化の中でしたが、着実に準備を進めることができました。

 

このブログを通して、構想から設立まで随時皆さまにお伝えして参りました。

 

NPOだとか貸金業だとか全くのシロウトだったひよっこも、
今でもほんのちょっぴり成長した気分です。

 

そして、平成22年12月15日、NPO法人ひまわり暮らしの基金は、
貸金業の登録を完了し、ついに本格的に活動を開始する態勢が整いました。


このたくさんの感謝の気持ちをどう伝えれば良いのか、言葉をずっと探していました。
本当は、皆さまにお伝えしたいことがたくさんあるのに、
なかなか表現するのは難しいものですが・・・思いを込めます。

 

 

皆さま


NPO法人ひまわりくらしの基金は、
「競売債務者の生活支援」というたくさんの想いを込めて、
ついに活動を開始することができました。

 

一歩一歩は小さくても、必ず彼らの未来を照らす光となると確信しています。

 

今から始まる、新しいステップに希望を持って。
弾力のある、優しい母のような団体になりたい、
そう思っています。

 

これから積み上げる一つ一つの経験を大切に、
息のながい団体を目指します。

 

理事をはじめご賛同、ご協力頂いた会員の皆さま、
そして、設立に関してサポートして頂いた先生方
この場を借りて、心より感謝申し上げます。

 

そして、これからも末永く、お力添えの程宜しくお願い致します。

 

本当にありがとうございました。心を込めて。

 

NPO法人ひまわり暮らしの基金
事務局長 古野 一美

 

 

Fudousan Plugin Ver.0.6.0 nendeb