有限会社ひまわり

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

093-922-6438

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

有限会社ひまわり

まずはお気軽にお問い合わせください

093-922-6438

NPO法人ひまわり 暮らしの基金ブログ

メッセージ

2010.08.07

やっぱり気になるのは、他のNPOのこと。
知らない分野で本当にたくさんの方々の活躍があります!
循環型エネルギー促進のNPO、国際協力のNPO、貧困支援のNPO、
医療支援のNPO、食育普及のNPO、そしてNPOを支援するNPOなどなど。
それぞれの専門家が集まって、固い理念を共有して、
成し遂げようとするその想いや原動力はすごいなと素直に感激します!


そして、その中にそれぞれの伝えたいメッセージやキーワードがあるのを見つけます。

 

私は、ふと思いました。
これらのメッセージ、私はいったいどれ位受け取ることが出来ているのだろう???

 

最近、そんなことを考えてしまうのは、
私自身もひまわり暮らしの基金に携わっているからで、
私も伝えたいメッセージを持っているからです。
そして、もう一つは、最近断行になった不動産強制執行の事実があります。
(ひまわり代行コンサルタントの案件です。)
複雑な事情が重なってのことだとは思いますが、
債務者に私たちの想いは伝わりませんでした。
債務者は、そうせざるを得なかったのか、そうしたかったのか分かりませんが
強制執行までいきました。


どんな背景があっても、親切や、優しさを優先させることのできないのが
不動産競売の現実です。

 

出来ることなら、私たちは債務者の支援をしたい。
そうは言っても中々届かない場合もあります。

 

なんとか、と思うけれど・・・どうしようもありませんでした。

 

それぞれの持つ、メッセージ。
届けるには、相手の受け取り方もあるのかもしれません。
私もストンと心に落とせるほど、真っすぐではないけれど、
錯綜する情報の中にも、メッセージがあります。
読み聞きする多くのことは、身を持って経験することは少ないけれど、
敏感にメッセージを受け取ることができたら。
大切なことを見落とさないのかも。

 

そんなことを、考えながら・・・

 

どうか、このひまわり暮らしの基金のメッセージも債務者に伝われば嬉しいなと
心から思っています。


Fudousan Plugin Ver.0.6.0 nendeb