有限会社ひまわり

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

093-922-6438

不動産再生 ヴィンテージハウスをプロデュース

有限会社ひまわり

まずはお気軽にお問い合わせください

093-922-6438

産学連携リノベーションプロジェクト

【第11弾 vol.4】改装途中の下見!

2014.08.09

  • 第11弾「抜け出せない4畳半」

こんにちは。ひまわりベンチャーグループ広報の杉です。

 

第11弾:「抜け出せない4畳半」!

西日本工業大学とのゼミ対抗コンペティションを経てのプロジェクト。

こちらは改装工事途中の現地視察に立会いました。

 

 

 

 

今回の目玉は何と言ってもリビング新設の小上がり部分。

 

居心地の良さに思わず「抜け出せなくなる」、

そんな4畳半の小上がり部分となる予定です。

 

 

 

学生も実際に小上がり部分に立った際の

天井とのクリアランスや座った景色などを

入念にチェックしていました。

 

 

 

産学連携の生現場って何度立ち会っても

これだから素晴らしい!!

 

 

 

机上で見ることの無い、

下地材にメモされた1/1の図面や

現場サイドでの修正ポイント、それに

きれいに束ねられる前のぐちゃぐちゃの配線や

進捗現場の生の匂い、部材を見て

少しでも「現場」で「現実」にすることの

難しさ、楽しさを感じてもらえるなら

素晴らしい機会だと思います。

 

 

 

同時に産学連携プロジェクトに携われる私たちも

1件1件の経験が確実に糧となり

次回作以降のどの物件で

アイデアを再現(パクリ=盗作ではございません)しようか

思わず考えてしまいます。

 

 

 

 

冗談はさておき・・・

産学連携プロジェクトは思い返せば

「まずは1件はじめてみましょう!!」などという

軽くも取れる(もちろん重厚な気持ち!!)気持ちで

はじまったプロジェクトでした。

 

 

 

取り組んで蓋を開けてみれば

大学、現場両サイドの擦り合わせは困難を極めながらも

九州産業大学、西日本工業大学両学や現場の関係者

全ての方のご協力、ご理解を頂き

開始から2年足らずで2ケタの取り組みが実現しました。

 

 

 

この場をお借りして感謝の気持ちをお伝えすると同時に

今後の更なるご協力をお願いする次第です。

 

 

長くなりましたが本ブログご愛読の皆様も

更なる御贔屓(クリック)の程宜しくお願い致します。

Fudousan Plugin Ver.0.6.0 nendeb